17.05 - HASH BY RANDOMの無効化 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
Release Date
2021年1月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-175K-JPN
Language
日本語 (日本)

CREATE TABLE...ASをSELECTサブクエリーとともに使用し、外部テーブルからプライマリ インデックスなしの永久テーブルにデータをコピーできます。例: 外部テーブルのデータを永久テーブルにコピーするを参照してください。

内部的には、SELECTサブクエリーはHASH BY RANDOM句によってINSERT...SELECT操作を実行し、均等なデータ分散を可能にします。HASH BY RANDOM句は、外部テーブルからプライマリ インデックスなしの永久テーブルへのINSERT...SELECT操作でデフォルトになります。この動作を無効にできます。

以下の文は、このセッションで行のランダムな分散を無効にします。

SET QUERY_BAND = 'DisableHashByRandom = ON' FOR SESSION;

以下の文は、このトランザクションで行のランダムな分散を無効にします。

SET QUERY_BAND = 'DisableHashByRandom = ON' FOR TRANSACTION;