17.05 - 特定の操作とオブジェクトの組み合わせのロギングの要件 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
Release Date
2021年1月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-175K-JPN
Language
日本語 (日本)

次のテーブルに、BEGIN LOGGING文で指定すると制限が設定される特定の操作のアルファベット順のリストを示します。

この操作のロギングを指定する場合 適用される条件
ALL 次の操作はシステム レベルのオブジェクトを参照し、ON句をサポートしないので、これらのロギングは含まれません。
  • CREATE PROFILE
  • CREATE ROLE
  • DROP PROFILE
  • DROP ROLE
  • CREATE DATABASE
  • CREATE MACRO
  • CREATE PROCEDURE
  • CREATE TABLE
  • CREATE VIEW
  • CREATE USER
  • DROP DATABASE
  • DROP USER
ON句は、データベースまたはユーザーのみを指定できます。
DROP TABLE ロギングには、DROPテーブル権限を必要とするALTER TABLEも含まれます。
DROP MACRO、DROP PROCEDURE、またはDROP VIEW 指定されたオブジェクトのREPLACEのロギングも含まれます。
DROP、EXECUTE、またはGRANT ON句にマクロまたはプロシージャが指定されている場合、これらの操作のみが許可されます。
DUMP、RESTORE、またはCHECKPOINT ON句にVIEWが指定されている場合は許可されません。
複数のSQL権限の単一のキーワードによる表現。例:
  • TABLE
  • VIEW
  • MACRO
  • TRIGGER
  • PROFILE
  • USER
  • PROCEDURE
  • ROLE
  • FUNCTION
  • UDTTYPE(UDTUsage/UDTTypeをカバー)
  • UDTMETHOD(UDTUsage/UDTType/UDTMethodをカバー)
  • AUTHORIZATION
  • GLOP
キーワードがカバーするすべての権限をロギングします。例えば、TABLEにoperationをロギングするように指定すると、CREATE TABLE、ALTER TABLE、およびDROP TABLEがロギングされます。

複数の権限を表わすキーワードのリストについては、<Teradata Vantage™ - SQLデータ制御言語、B035-1149>を参照してください。

CREATE FUNCTION、DROP FUNCTION、EXECUTE FUNCTION、ALTER FUNCTION、またはGRANT ON句にFUNCTION(内部または外部関数)が指定されている場合、これらの操作のみを指定できます。
UDTMETHODまたはUDTTYPE ON句にはDATABASEまたはUSERを指定する必要があり、データベースまたはユーザーはSYSUDTLIBデータベースでなければなりません。
UDTUSAGE ON句には、次のいずれかを指定する必要があります。
  • DATABASEまたはUSER、データベースまたはユーザーはSYSUDTLIBデータベースでなければなりません。
  • TYPE
ALTER EXTERNAL PROCEDURE、DROP PROCEDURE、EXECUTE PROCEDURE、およびGRANT 外部プロシージャには、これらの操作のみが許可されます。