17.05 - 例 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
Release Date
2021年1月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-175K-JPN
Language
日本語 (日本)

テーブルをスパース マップに変更

この例では、テーブルには5行しか設定されていません。OneAMPMapという名前のスパース マップが作成されました。 テーブル定義は、次のとおりです。
CREATE SET TABLE MyDatabase.Tab1, FALLBACK,
   NO BEFORE JOURNAL,
   NO AFTER JOURNAL,
   CHECKSUM = DEFAULT,
   DEFAULTMERGEBLOCKRATIO,
   MAP = TD_Map1
( A1 INTEGER,
  B1 INTEGER,
  C1 INTEGER
) PRIMARY INDEX(A1);
この文はテーブルをスパース マップに移動し、コロケーション名のデフォルトはMyDatabase_Tab1です。
ALTER TABLE Tab1, MAP=OneAMPMap;

2つのテーブルをスパース マップに変更

この例では、2つのテーブルにはそれぞれ5行のみが設定され、しばしばA1=A2で結合されます。OneAMPMapという名前のスパース マップが定義されました。この例では、次のテーブル定義を使用します。
CREATE SET TABLE MyDatabase.Tab1, FALLBACK,
   NO BEFORE JOURNAL,
   NO AFTER JOURNAL,
   CHECKSUM = DEFAULT,
   DEFAULTMERGEBLOCKRATIO,
   MAP = TD_Map1 
( A1 INTEGER,
  B1 INTEGER,
  C1 INTEGER
) PRIMARY INDEX(A1);
CREATE SET TABLE MyDatabase.Tab2, FALLBACK,
   NO BEFORE JOURNAL,
   NO AFTER JOURNAL,
   CHECKSUM = DEFAULT,
   DEFAULTMERGEBLOCKRATIO,
   MAP = TD_Map1 
( A2 INTEGER,
  B2 INTEGER,
  C2 INTEGER
) PRIMARY INDEX(A2);
テーブルはプライマリ インデックスに結合されているため、テーブルを併置します。テーブルTab1の場合、コロケーション名はデフォルトでMyDatabase_Tab1になります。テーブルTab2では、コロケーション名をMyDatabase_Tab1に設定します。次の文はテーブルを併置します。
ALTER TABLE Tab1, MAP=OneAMPMap;
ALTER TABLE Tab2, MAP=OneAMPMap COLOCATE USING MyDatabase_Tab1;