17.05 - item_to_lock - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
Release Date
2021年1月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-175K-JPN
Language
日本語 (日本)
DATABASE
このビューの定義のデータベース レベルでロックが設定されることを指定します。
database_name_2
user_name_2
ロックが設定されるデータベースまたはユーザーの名前。
TABLE
このビューの定義に対してテーブル レベルまたはビュー レベルでロックを設定するように指定します。
table_name
このビュー定義に対してロックが設定されるユーザー基本テーブルの名前。
グローバル一時テーブルと揮発テーブルを参照するビューを作成できます。
ビューはグローバル一時トレース テーブルを参照できますが、そのようなビューは更新不可です。 CREATE GLOBAL TEMPORARY TRACE TABLEを参照してください。
再帰的なビュー定義は、行レベル セキュリティで保護された(RLS)テーブルおよび非RLSテーブルの両方、またはRLSテーブルに基づく他のビューを参照できますが、ビューで参照されるすべてのRLS基本テーブルには、同じRLS制約がある必要があります。ビュー定義で行レベル セキュリティの制約列を指定する必要はありません。ただし、ユーザーがビューにアクセスすると、基本テーブルの行レベル セキュリティの制約が、ビュー定義の一部であるかどうかに関係なく適用されます。
database_name_3
user_name_3
table_nameの格納先データベースまたはユーザーの名前(現在のデータベースまたはユーザー以外の場合)。
VIEW
このビューの定義に対してビュー レベルでロックを設定するように指定します。
view_name_2
このビュー定義に対してロックされるビューの名前。
database_name_4
user_name_4
view_nameの格納先データベースまたはユーザーの名前(現在のデータベースまたはユーザー以外の場合)。
ROW
このビューの定義の行ハッシュ レベルでロックを設定することを指定します。