17.05 - SQL_data_access - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
Release Date
2021年1月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-175K-JPN
Language
日本語 (日本)

プロシージャ本体がデータベースにアクセスするか、またはSQL文を含んでいるかを指定します。

この句はすべてのSQLプロシージャで必須です。SQLデータ アクセス オプションの説明については、<Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 - 詳細トピック、B035-1184>の「CREATE PROCEDURE (SQL形式)」を参照してください。

CONTAINS SQL
プロシージャはSQL制御文を実行できます。
プロシージャはデータベースのSQLデータの読み取りまたは変更を行ないません。例えば、本文がプロシージャにローカルな制御文だけで構成されたプロシージャがあります。
MODIFIES SQL DATA
プロシージャは、SQLプロシージャから有効に呼び出すことができるすべてのSQL文を実行できます。
これは、プロシージャが定義されるときにSQLデータ アクセス句を指定しないSQLプロシージャのデフォルトのオプションです。
そのような文の例として、UPDATE、INSERT、またはDELETEがあります。これはデフォルトです。
READS SQL DATA
プロシージャはSQLデータを変更するSQL文を実行できませんが、SQLデータを読む文の実行はできます。
例にはFETCH文があります。