17.05 - 例: XML形式のSHOW VIEW - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
Release Date
2021年1月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-175K-JPN
Language
日本語 (日本)

この例では、user_name.v1テーブルのCREATE VIEWテキストをXML形式で返します。SHOW IN XML TABLEリクエストとは異なり、SHOW IN XML VIEWリクエストで生成されるXML文書では、ビューについて構文解析された問合わせは報告されず、ビューの列定義と、その定義で参照するデータベース オブジェクトのみを含みます。そのため、このXML文書は、ビューの再作成には使用できません。ただし、これは、元のビューと同じ列定義を持つテーブルの作成に使用できます。

v1テーブルは、次のように定義されています。

     CREATE SET TABLE TESTDB.vt1, NO FALLBACK, NO BEFORE JOURNAL,
         NO AFTER JOURNAL, CHECKSUM = DEFAULT, DEFAULT MERGEBLOCKRATIO (
       a1 INTEGER NOT NULL,
       b1 INTEGER,
       c1 CHARACTER(20) CHARACTER SET UNICODE NOT CASESPECIFIC,
       d1 DECIMAL(15,2));

v1の作成テキストは、次のようになります。

     CREATE VIEW v1 AS
       SELECT a1, b1, c1
       FROM vt1
       WHERE d1 > 10000;

次のSHOW VIEW IN XMLリクエストを実行すると、データベースは、このリクエストに続く以下のレポートを返します。

     SHOW VIEW v1 IN XML;
<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<TeradataDBObjectSet xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance"
xsi:schemaLocation="http://schemas.teradata.com/TeradataDBObject
TeradataDBObject.xsd"
xmlns="http://schemas.teradata.com/TeradataDBObject" version="1.0">
<View name="v1" dbName="testdb">
<ColumnList>
<Column name="a1" order="1">
<DataType><Integer/></DataType>
<Constraint nullable="false"/>
</Column>
<Column name="b1" order="2">
<DataType><Integer/></DataType>
</Column>
<Column name="c1" order="3">
<DataType>
<Char length="20" varying="false" uppercase="false" casespecific="false"
charset="unicode"/>
</DataType>
</Column>        
</ColumnList>
<RefList>
<Ref name="vt1" dbName="testdb" type="table"/>
</RefList>
<SQLText>
<![CDATA[
CREATE VIEW V1 AS
SELECT A1, B1, C1
FROM VT1
WHERE D1 > 10000;
</SQLText>
</View>
<Environment>
<Server dbRelease="14.10.00.00" dbVersion="14.10.00.06" hostName="testhost"/>
<User userId="0" userName="dbc"/>
<Session charset="utf8" dateTime="2012-01-01T14:00:00-08:00"/>
</Environment>
</TeradataDBObjectSet>