17.05 - BEGIN QUERY CAPTURE構文要素 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
Release Date
2021年1月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-175K-JPN
Language
日本語 (日本)
FOR INDEX_ANALYSIS
指定したクエリー キャプチャ データベースの次のテーブルに挿入が行なわれます。
  • クエリーまたはQryRelX
  • ワークロード
  • WorkloadQueries
  • フィールド
  • XMLQCD
VERBOSE
詳細なEXPLAINテキストをキャプチャします。
DETAILED
最適化ルーチンの統計の使用と推奨情報をキャプチャすることに加え、要求の問合わせ計画で参照されるすべてのデータベース オブジェクトについて、要約統計の詳細項目をキャプチャします。DETAILEDを指定すると、要求では問合わせ計画で参照されるすべてのデータベース オブジェクトについて、次の統計の詳細項目をキャプチャします。
  • StatTimeStamp
  • Version
  • OrigVersion
  • NumColumns
  • NumBValues
  • NumEHIntervals
  • NumHistoryRecords
  • NumNulls
  • NumAllNulls
  • NumAmps
  • NumPNullDistinctVals
  • PNullHighModeFreq
  • AvgAmpRPV
  • HighModeFreq
  • NumDistinctVals
  • NumRows
  • CPUUsage
  • IOUsage
STATSUSAGE
最適化ルーチンの使用統計と推奨情報をキャプチャします。
qcd_name
問合わせ計画データのキャプチャと格納に使用する、QCDデータベースの名前。
QCDデータベースの指定を省略すると、VantageはデフォルトでTDQCDという名前のQCDデータベースを使用します。
TDQCDの詳細は、<Teradata Vantage™ - SQLリクエストおよびトランザクション処理、B035-1142>を参照してください。
workload_name
BEGIN QUERY CAPTUREセッション内で実行されたリクエストの属するワークロードの名前。