ディレクトリ ユーザーのセッション制約値 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
Published
2021年1月
Language
日本語
Last Update
2021-03-30
dita:mapPath
ja-JP/ncd1596241368722.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/ncd1596241368722.ditaval
dita:id
B035-1144
Product Category
Software
Teradata Vantage
  • 永久ユーザーにマップされたディレクトリ ユーザーは、永久ユーザーの権限と制約の割り当てを継承します。
  • 永久データベース ユーザーにマップされていないが、標準のサインオンを使用して永久ユーザーとしてログオンするディレクトリ ユーザーは、ユーザー権限と制約の割り当てを継承します。
  • 複数の制約値のソース(ユーザーまたはプロファイル)にマップされているディレクトリ ユーザーは、ログオン文字列でuser=user_nameまたはprofile=profile_nameオプションを使用して、デフォルトの制約値とOVERRIDE権限のソースを指定する必要があります。
  • ディレクトリ ユーザーはSET SESSION CONSTRAINTオプションを使用して、マップまたは継承された制約の割り当てにアクセスできます。
  • マップする対象が何もなく、PUBLIC権限またはEXTUSER権限しかないディレクトリ ユーザーの場合、セッション制約値はNULLで、行レベルのセキュリティ テーブルにアクセスすることはできません。