17.05 - seed_statement - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
Release Date
2021年1月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-175K-JPN
Language
日本語 (日本)
SELECT
SEL
column_nameリストに関連するexpressionが既存のユーザー基本テーブルまたはビューから選択されることを指定します。
SELECT句の詳細な資料については、<Teradata Vantage™ - SQLデータ操作言語、B035-1146>を参照してください。
DISTINCT
指定されたexpressionリストからの結果の重複するセットから、1行だけが返されることを指定します。
2行が重複すると見なされるのは、一方の行の各値が他方の行のそれぞれの対応する値と同じ場合だけです。
DISTINCT演算子は、シード文の中にコーディングされた場合にのみ有効です。
ALL
式リストの結果に、重複行を含むすべての行が返されます。
これは、デフォルトの値です。
*
FROM句で参照されるすべてのテーブルのすべての列が返されます。
table_nameで修飾された場合、*(アスタリスク)は、table_nameで指定されたユーザー基本テーブルまたはビューのみのすべての列が返されることを指定します。
ビューを定義するときには、ビュー列を明示的に列挙します。ビューの定義の後にテーブルを変更した場合、SELECT *構文を使用しても、それらの変更は表示されません。

seed_statement_selection

expression
有効なSQL式。
ビュー定義の式のシード問合わせには集約演算子と算術演算子のどちらも指定できますが、その再帰的問合わせにはどちらも指定できません。
ビュー定義に集約が存在すると、そのビューは更新不可になります。
database_name
user_name
table_nameが含まれているデータベースまたはユーザーを指定します(現在のデータベースまたはユーザー以外の場合)。
table_name
ユーザー基本テーブルまたはビューの名前。
これ自身をビュー定義の繰り返し文の部分の再帰参照に指定できます。ビュー定義のシード文内の再帰的ビューへの参照は作成できません。
選択リストのtable_name.*指定を使用して、FROM句で複数のテーブルが参照される場合に、どのテーブルから行が返されるかを定義できます。
キュー テーブルでビューの作成や置換を行なうことはできません(CREATE TABLEおよびCREATE TABLE … ASを参照)。