17.05 - ALTER FUNCTION構文要素 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
Release Date
2021年1月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-175K-JPN
Language
日本語 (日本)
database_name_1
specific_function_nameの格納先データベース(現在のデータベース以外の場合)。
user_name_1
specific_function_nameの格納先ユーザー(現在のユーザー以外の場合)。
specific_function_name
変更する関数の特定関数名。
database_name_2
function_nameの格納先データベース(現在のデータベース以外の場合)。
user_name_2
function_nameの格納先ユーザー(現在のユーザー以外の場合)。
function_name
変更する関数の名前。
data_type
function_nameに渡すオプションのデータ型の指定。
データ型リストを指定しない場合、指定した関数の名前は、データベース内で固有でなければなりません。
UDT_name
function_nameのデータ型のリストに含まれているUDTの名前。
EXECUTE PROTECTED
指定した関数の実行モードを非保護モードから保護モードに変更します。詳細は、<Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 - 詳細トピック、B035-1184>のALTER FUNCTIONを参照してください。
EXECUTE NOT PROTECTED
指定の関数の実行モードを保護モードから非保護モードに変更します。
このオプションは、Java UDFに対しては無効です。
COMPILE
このオプションでは、次の処理が行なわれます。
CまたはC++関数 Java関数
指定した関数のコード ソースを再コンパイルします。 指定した関数のコード ソースを再コンパイルします。
オブジェクト コードを生成します。 オブジェクト コードを生成します。
.soファイルを再作成します。 関数に関連するJARファイルを配布します。
.soファイルをシステムのすべてのノードに配布します。  
既存の関数オブジェクトは、再コンパイルしたバージョンによって置き換えられます。
ONLY
UDFのみを再コンパイルします。このオプションを指定すると、Vantageは新しい動的リンク ライブラリをデータベース ノードに配布しません。
UDFを別のタイプの別のプラットフォームにロードすると、システムによって無効とマークされ、再コンパイルが必要になります。1つのデータベースに多数のUDFがある場合、すべての再コンパイルに対してONLYオプションを指定すると、最後の1つがそのデータベースでコンパイルされてONLYオプションが無効になるまで、新しいライブラリの生成と配布を行なわなくて済むため、時間を短縮できます。
COMPILE ONLYは、Java UDFに対しては無効です。