17.05 - 例: カスケードされたトリガー - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
Release Date
2021年1月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-175K-JPN
Language
日本語 (日本)

以下の例は、1つのトリガー アクション文が別のトリガーを起動する方法を示します。

以下に、テーブルの定義を示します。

     CREATE TABLE tab1 (
       a INTEGER, 
       b INTEGER, 
       c INTEGER);
     CREATE TABLE tab2 (
       d INTEGER, 
       e INTEGER, 
       f INTEGER);
     CREATE TABLE tab3 (
       g INTEGER, 
       h INTEGER, 
       i INTEGER);

以下に、トリガーの定義を示します。

     CREATE TRIGGER trig1
       AFTER INSERT ON tab1
       REFERENCING NEW AS NewRow
     FOR EACH ROW (
       INSERT INTO tab2
       VALUES (NewRow.a + 10, NewRow.b + 10, NewRow.c););
     CREATE TRIGGER trig2
       AFTER INSERT ON tab2
       REFERENCING NEW AS NewRow
     FOR EACH ROW (
       INSERT INTO tab3
       VALUES (NewRow.d + 100, NewRow.e + 100, NewRow.f););

ここで、以下のINSERTリクエストが実行依頼されたと仮定します。

     INSERT INTO tab1 
     VALUES (1,2,3);

このトリガー イベントは、tab2への挿入を実行するトリガーを起動します。この操作は、以下のINSERTリクエストと等価です。

     INSERT INTO tab2 
     VALUES (11,12,3);

このトリガー イベントは、tab3への挿入を実行するトリガーを起動します。この操作は、以下のINSERTリクエストと等価です。

     INSERT INTO tab3 
     VALUES (111,112,3);