17.05 - CREATE FUNCTION MAPPINGおよびREPLACE FUNCTION MAPPING構文要素 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
Release Date
2021年1月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-175K-JPN
Language
日本語 (日本)
database_name_1
現在のデータベース以外の場合は、関数マッピングを含むデータベースの名前。
user_name_1
現在のユーザー以外の場合は、関数マッピングを含むユーザーの名前。
function_mapping_name
関数マッピングの名前。オブジェクトの命名については、<Teradata Vantage™ - SQLの基本>を参照してください。
database_name_2
セッションの現在のデータベース以外の場合は、関数を含むデータベースの名前。
user_name_2
セッションの現在のユーザー以外の場合は、関数を含むユーザーの名前。
schema_name
関数に関連付けられているスキーマの名前。
function_name
マップする関数またはテーブル演算子の名前。
指定する場所に関数が存在することを確認する必要があります。
データベース内に格納されている関数またはテーブル演算子については、データベースまたはユーザーを指定しない場合、次がデフォルトの場所になります(優先順位順)。
  • セッションの現在のデフォルト データベースまたはユーザー
  • SYSLIB
  • TD_SYSFNLIB
例: データベース内の関数の関数マッピング定義を参照してください。
SERVER
関数またはテーブル演算子が格納されている外部サーバーの名前。
データベース内の関数またはテーブル演算子については、SERVER句を指定しません。
database_name_3
関数を含むデータベースの名前(現在のデータベース以外の場合)。
user_name_3
関数を含むユーザーの名前(現在のユーザー以外の場合)。
server_name
関数を含むサーバーの名前。
EXTERNAL SECURITY
リモート ストレージへのアクセス許可を指定します。CREATE AUTHORIZATIONおよびREPLACE AUTHORIZATIONを参照してください。DEFINERオプションを指定すると、許可オブジェクトを複数のユーザーと共有できます。INVOKERオプションを指定すると、ユーザーによる排他的アクセスを許可することができます。
DEFINER TRUSTED
この許可はどのデータベースでも作成できます。許可はDEFINER TRUSTEDとして作成する必要があります。
TRUSTED
INVOKER TRUSTED
この許可は、現在のユーザーのデータベースに作成されます。
authorization_name
許可の名前。
json_document
パラメータおよび値の形式として関数への入力を含むJSON形式文書。