17.05 - 例: ユーザーのデフォルト ジャーナル テーブルの変更 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
Release Date
2021年1月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-175K-JPN
Language
日本語 (日本)

デフォルトのジャーナル テーブルが変更中のユーザー領域にある場合、それを変更するには2つのMODIFYリクエストが必要です。

例えば、ジャーナル テーブルfincopyがユーザーjonesにあるとします。デフォルトのジャーナル テーブルをfincopyからjrnl1に変更するには、現在のデフォルトのジャーナル テーブルを削除してから、新しいジャーナル テーブルを作成する必要があります。

最初のリクエストは、fincopyをデフォルトではないようにした後、それをシステムから削除します。FFinCopyをジャーナル テーブルとして使用している既存のテーブルがある場合、このリクエストはエラーを返します。

     MODIFY USER jones AS 
     DROP DEFAULT JOURNAL TABLE;

現在のジャーナル テーブルが削除されると、2番目のリクエストで新しいデフォルトのジャーナル テーブルを作成します。

     MODIFY USER jones AS 
     DEFAULT JOURNAL TABLE = jrnl1;