17.05 - LOG - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
Release Date
2021年1月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-175K-JPN
Language
日本語 (日本)

一時ジャーナリングは、グローバル一時テーブルと揮発テーブルに対して実行されます。このオプションは、グローバル一時テーブルおよび揮発テーブルにのみ関係します。

グローバル一時テーブルまたは揮発テーブルの更新、挿入、または削除操作は、一時ジャーナルに記録されます。 これはデフォルトです。

テーブルの実体化されたインスタンスが存在する場合には、グローバル一時テーブルのLOGまたはNO LOGプロパティを変更することはできません。

NO
行の一時的なジャーナル ロギングは実行されず、ロギングのシステム オーバーヘッドが低減されます。
テーブルがNO LOGとして定義されている場合にエラーまたは再起動が発生すると、グローバル一時テーブルまたは揮発テーブルに行なわれたすべての更新、挿入、または削除の操作は回復できません。
テーブルがNO LOGとして定義されている場合は、トランザクションに対して一時ジャーナルが生成され、トランザクションがアボートされると、実体化されたグローバル一時テーブルまたは揮発テーブルの内容が空になります。