17.05 - DROP DEFAULT JOURNAL TABLE - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
Release Date
2021年1月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-175K-JPN
Language
日本語 (日本)

現在、指定されたユーザーに対してデフォルトとして定義されているジャーナル テーブルのデフォルトの状態を削除することを指定します。

変更されるユーザーにジャーナル テーブルが含まれる場合、DROPは、システムからそのテーブルも削除します。ジャーナル テーブルがアクティブなデータ テーブルで使用されている場合は、エラー メッセージが返されます。

このオプションを指定しても、変更されるユーザーの既存のデータ テーブルの状態は変更されません。

table_name
DROPキーワードを省略してこの句を指定する場合には、table_nameパラメータが必要です。
database_name
データベースを指定しない場合、Vantageはデフォルトで現在のデータベースを採用します。
変更されるデータベースにジャーナル テーブルがない場合には、table_nameが作成されます。
別のデータベースを指定する場合、そのデータベースがすでに存在し、table_nameがそのデフォルトのジャーナル テーブルとしてすでに定義されていることが必要です。
user_name
ユーザーを指定しない場合、Vantageはデフォルトで現在のユーザーを採用します。
変更されるユーザーにジャーナル テーブルがない場合には、table_nameが作成されます。
別のユーザーを指定する場合、そのユーザーがすでに存在し、table_nameがそのデフォルトのジャーナル テーブルとしてすでに定義されていることが必要です。