17.05 - UDT定義とメソッド定義に対するコメント - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
Release Date
2021年1月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-175K-JPN
Language
日本語 (日本)

以下の一式の例は、UDTまたはメソッドに対してコメントを書き込む方法を示しています。

例のUDT とメソッドの定義

以下のようなUDTおよびメソッドを定義するとします。

    CREATE TYPE address AS (
      street VARCHAR(20), 
      zip CHARACTER(5) ) 
    NOT FINAL
    CONSTRUCTOR METHOD address( a VARCHAR(20), 
                                b CHARACTER(5) ) 
    RETURNS address
    SPECIFIC address_constructor_1
    SELF AS RESULT
    LANGUAGE C
    PARAMETER STYLE SQL
    DETERMINISTIC
    NO SQL;
    CREATE CONSTRUCTOR METHOD address( VARCHAR(20), 
                                       CHARACTER(5) )
    RETURNS address
    FOR address
    EXTERNAL NAME 
      'SO!C:\structured_lib\addr_cons.obj!F!addr_constructor';

例: UDT定義に関するコメント

以下のリクエストでは、addressというUDTに対してコメントを書き込みます。

    COMMENT ON TYPE address   
    AS   'Type containing the Street Address and Zipcode' ;

このリクエストのオブジェクトの種類はTYPEであるため、オブジェクトの種類を記述するときにキーワードTYPEを指定しなければなりません。

例: メソッド定義に関するコメント

以下のリクエストでは、address_constructor_1というコンストラクタ メソッドに対してコメントを書き込みます。

    COMMENT ON METHOD address_constructor_1  
    AS   'Constructor for the Address UDT'  ;

このリクエストのオブジェクトの種類はMETHODであるため、オブジェクトの種類を記述するときにキーワードMETHODを指定しなければなりません。

メソッド名は呼び出し名を指定するのではなく、メソッドの固有の名前を指定する必要があることにも注意してください。メソッドの呼び出し名と固有の名前についての詳細は、CREATE METHODを参照してください。