17.05 - 例: パラメータ定義での多次元ARRAYの使用 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
Release Date
2021年1月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-175K-JPN
Language
日本語 (日本)

この例では、多次元ARRAY型を使用して、INTEGER要素型を定義します。

最初の手順として、該当する多次元ARRAY型を作成します。最初のCREATE TYPEリクエストでは、Oracle互換の構文を使用して、ARRAY型phonenumbers_aryを定義します。

     CREATE TYPE 3d_array
     AS VARRAY (1:5)(1:7)(1:20) OF INTEGER;

2番目のCREATE TYPEリクエストでは、Teradata-ANSI形式の構文を使用して、同じ型を定義します。

     CREATE TYPE 3d_array 
     AS INTEGER ARRAY[1:5][1:7][1:20];

以下のCREATE FUNCTIONリクエストでは、SQLパラメータ形式を使用して関数array_udfを作成し、唯一のパラメータa1のデータ型として多次元ARRAY型3d_arrayを使用します。

     CREATE FUNCTION array_udf( 
       a1 3d_array)  
     RETURNS VARCHAR(100)
     NO SQL
     PARAMETER STYLE SQL
     DETERMINISTIC
     LANGUAGE C
     EXTERNAL NAME 'CS!array_udf!array_udf.c!F!my_array_udf';
void my_array_udf (	
     ARRAY_HANDLE   *ary_handle, 
     VARCHAR_LATIN  *result,
     int            *indicator_ary,
     int            *indicator_result,
     char           sqlstate[6],
     SQL_TEXT       extname[129],
     SQL_TEXT       specific_name[129],
     SQL_TEXT       error_message[257])	
{
/* body function */
}

以下のCREATE FUNCTIONリクエストでは、同じ関数を作成しますが、TD_GENERALパラメータ形式を使用します。

     CREATE FUNCTION array_udf ( 
       a1 3d_array)  
     RETURNS VARCHAR(100)
     NO SQL
     PARAMETER STYLE TD_GENERAL
     DETERMINISTIC
     LANGUAGE C
     EXTERNAL NAME 'CS!array_udf!array_udf.c!F!my_array_udf';
void my_array_udf (
     ARRAY_HANDLE   *ary_handle, 
     VARCHAR_LATIN  *result, 
     	char           sqlstate[6])
{ /* body function */
}