qualify_condition - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
Published
2021年1月
Language
日本語
Last Update
2021-03-30
dita:mapPath
ja-JP/ncd1596241368722.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/ncd1596241368722.ditaval
dita:id
B035-1144
Product Category
Software
Teradata Vantage

この後に、SELECT文内の条件順序付き分析関数フィルタリング句を指定します。

QUALIFY句は、シード文の一部としてコーディングされる場合に有効です。

繰り返し文の一部としてコーディングされる場合、QUALIFYは必ず無効になります。

結果のグループが満たすべき1つまたは複数の条件ブール式を指定します。

QUALIFY条件では集約演算子を使用できます。

QUALIFY条件に、BLOB、CLOB、UDTまたはPeriod列を指定することはできません。

QUALIFY句内のsubquery述部にSAMPLE句を指定することはできません。

QUALIFYconditionは、前に計算された順序付き分析関数から行をフィルタします。

QUALIFY句の詳細については、<Teradata Vantage™ - SQLデータ操作言語、B035-1146>を参照してください。