例: MERGEBLOCKRATIOの変更 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
Published
2021年1月
Language
日本語
Last Update
2021-03-30
dita:mapPath
ja-JP/ncd1596241368722.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/ncd1596241368722.ditaval
dita:id
B035-1144
Product Category
Software
Teradata Vantage

以下の例は、ALTER TABLEリクエストを使用して個々のテーブルのブロック結合割合を変更する方法を示しています。

最初の例では、emp_tableに対するデフォルトのブロック結合割合を変更することで、システムがDBS制御パラメータMergeBlockRatioの現在の値を取得し、小さなデータ ブロックを大きなデータ ブロックにマージするときにこの値が適用されるようにします。

     ALTER TABLE emp_table, DEFAULT MERGEBLOCKRATIO;

次の例では、emp_tableに対するブロック結合割合の現行設定を25%に変更します。

     ALTER TABLE emp_table, MERGEBLOCKRATIO = 25 PERCENT;

最後の例では、emp_tableに対するすべてのデータ ブロックのマージを無効にします。

     ALTER TABLE emp_table, NO MERGEBLOCKRATIO;