17.05 - FALLBACK - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
Release Date
2021年1月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-175K-JPN
Language
日本語 (日本)

テーブルまたはユーザー定義の結合インデックスに対する二重コピー保護を追加します。フォールバックを追加することで、テーブルの二重コピーを作成して格納します。

基本データ テーブルに対するFALLBACKのデフォルトは、そのテーブルが作成されたときのCREATE TABLEリクエスト、またはそのテーブルを含むデータベースまたはユーザーに指定されたデフォルトのフォールバック指定によって決まります。これらのデフォルトは、ALTER TABLEリクエストで上書きできます。

フォールバック用に最適化されたプラットフォームでは、NO FALLBACKのオプションとNO FALLBACKのデフォルトは使用できません。

ブロック レベル圧縮を持つテーブルを変更し、FALLBACKも追加するALTER TABLEリクエストは、デフォルトでは、新規に作成されるフォールバック テーブルに対してプライマリ テーブルのブロック レベル圧縮特性を渡しません。
Vantageは、リクエストに応じて、新しく作成されたフォールバック テーブルにブロック レベル圧縮を割り当てます。リクエストによって行定義の変更、フォールバックの追加が行なわれ、かつBlockCompressionクエリー バンドが指定されている場合、フォールバック テーブルは次のようになります。

  • BlockCompressionの値がYESに設定されているときにブロック レベルの圧縮がある。
  • BlockCompressionの値がNOに設定されているときにブロック レベルの圧縮がない。

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 - 詳細トピック、B035-1184のSET QUERY_BANDを参照してください。

リクエストにBlockCompressionクエリー バンドが指定されていない場合、フォールバック テーブルはDBS制御レコードの圧縮列で定義されたシステム全体にわたる圧縮特性にデフォルト設定されます。<Teradata Vantage™ - データベース ユーティリティ、B035-1102>を参照してください。

ハードウェア読み取りエラーが発生した場合は、ファイル システムがデータのフォールバック コピーを読み取り、ホームAMPのメモリの行を再構成します。フォールバックからの読み取りは、次の場合に適用されます。

  • 不良データ ブロックのデータへの修正を試行しないリクエスト。
  • プライマリ サブテーブル データ ブロック。
  • 基本データの代わりのフォールバック データの読み取り。場合により、アクティブ フォールバックは基本データの損傷を動的に修復できます。不良データ ブロックを修復できない状況では、読み取りエラーが発生するたびに、「フォールバックからの読み取り」機能により、破壊された行のエラーフリーのフォールバックコピーに置き換わります。

システム定義の結合インデックスの場合、基本テーブルに対して行なうFALLBACK変更は、そのテーブルに定義されたすべてのシステム定義の結合インデックスに適用されます。システム定義の結合インデックスに対するFALLBACKは直接変更してください。

PROTECTION
オプションのデフォルト キーワード。
NO
テーブルのフォールバック保護が削除されます。フォールバックを削除すると、既存の二重コピーが削除されます。
フォールバック用に最適化されたプラットフォームでは、NO FALLBACKのオプションとNO FALLBACKのデフォルトは使用できません。