17.05 - SET ROLE構文要素 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
Release Date
2021年1月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-175K-JPN
Language
日本語 (日本)
role_name
セッションの現在のロールとして設定するロールの名前。
SET ROLE role_name構文を使用すると、外部的に割り当てられたロールおよびその入れ子のデータベース ロールをセッション内で使用可能するとともに、他のすべてのロールを使用不可にすることができます。
EXTERNAL
ユーザーにマップされているすべての外部ロールは、セッションに対してアクティブになります。
EXTERNALキーワードは、ユーザー オブジェクトと、ディレクトリの1つまたは複数の外部ロール オブジェクトの両方にマッピングされているディレクトリ ユーザーのみに便利です。このディレクトリでは、マップ済みユーザーにシステムによってデフォルトで権限が与えられます。
ディレクトリ ユーザーが外部ロール オブジェクトのみにマッピングされデータベース ユーザー オブジェクトにマッピングされていない場合、すべての外部ロールがデフォルトでアクティブです。
NONE
ディレクトリ割り当てでもデータベース割り当てでも、セッションの現行ロールを使用不能にします。
NULL
NULLロールをセッションの現行のロールにします。
ALL
ディレクトリ割り当てでもデータベース割り当てでも、ユーザーに直接および間接に付与されているすべてのロールが現行およびアクティブになります。