17.05 - DROP DATABASE - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
Release Date
2021年1月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-175K-JPN
Language
日本語 (日本)

データ ディクショナリから空のデータベースの定義を削除します。

データベースに含まれるすべてのオブジェクトを削除してからでなければ、データベースそのものを削除することはできません。

削除操作は、データベースが空であることを検証し、データベースがその他のデータベースまたはユーザーを所有していないことを検証し、データベースを削除し、データ削除によって利用できるようになったPERM領域とTEMP領域を直接所有者データベースまたはユーザーの領域に追加します。

データベースの削除後は、復元されない限り、ダンプおよび復元ユーティリティを使ってそのデータベースを回復することはできません。

データベースからオブジェクトを削除するには、DELETE DATABASE文を使用します。 DELETE DATABASEを参照してください。 ユーザーからオブジェクトを削除するには、DELETE USER文を使用します。 DELETE USERを参照してください。

ANSI準拠

この文は、ANSI SQL:2011規格に対するTeradata拡張機能です。

DROP DATABASEは、ANSI SQL:2011文のDROP SCHEMA文と機能的に類似しています。

必要な権限

削除するデータベースに対するDROP DATABASE権限が必要です。