17.05 - 例: TIMESTAMPデータ型があるパーティション式 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
Release Date
2021年1月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-175K-JPN
Language
日本語 (日本)

tszを含むテーブルが次のPARTITION BY句で作成されたときに、列tszがTIMESTAMP(0) WITH TIME ZONEデータ型を持ち、現行セッションのタイムゾーンがINTERVAL -'07:00' HOUR TO MINUTEであるとします。RANGE_N関数はBIGINTデータ型をとります。

 PARTITION BY RANGE_N(tsz BETWEEN TIMESTAMP '2003-01-01 00:00:00.000000'
                          AND     TIMESTAMP '2009-12-31 23:59:59.999999' 
                          EACH INTERVAL '1' DAY)

Vantageはこのパーティション式を暗黙的に書き換えて、タイムスタンプ リテラルに次のようにタイムゾーンを組み込みます。

     RANGE_N(tsz BETWEEN TIMESTAMP '2003-01-01 00:00:00.000000-07:00'
                 AND     TIMESTAMP '2009-12-31 23:59:59.999999-07:00' 
                 EACH INTERVAL '1' DAY)