17.05 - CREATE PROCEDUREおよびREPLACE PROCEDUREの構文要素(SQL形式) - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
Release Date
2021年1月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-175K-JPN
Language
日本語 (日本)
database_name
user_name
procedure_nameの任意指定の修飾子。
指定しない場合は、現在のデフォルトのデータベースが使用されます。
procedure_name
作成するSQLプロシージャの名前。
procedure_nameはデータベース内で固有であることが必要です。
データベース オブジェクトの命名ルールについては、<Teradata Vantage™ - SQLの基本、B035-1141>を参照してください。
SQL_data_access
プロシージャ本体がデータベースにアクセスするか、またはSQL文を含んでいるかを指定します。
この句はすべてのSQLプロシージャで必須です。SQLデータ アクセス オプションの説明については、Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 - 詳細トピック、B035-1184のCREATE PROCEDURE (SQL形式)を参照してください。
number_of_sets
返すことのできる動的結果セットの数。
number_of_setsの有効値の範囲は、0から15です。
number_of_setsのデフォルト値は0です。