17.05 - AND [NO] STATISTICS - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
Release Date
2021年1月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-175K-JPN
Language
日本語 (日本)

その定義に基づいて新しいテーブルにコピーされるソース テーブルの統計。

システムは、正確な統計ヒストグラムもターゲット テーブルのディクショナリに設定し、ソース テーブルからの統計をこのヒストグラムにコピーします(<Teradata Vantage™ - SQLリクエストおよびトランザクション処理>を参照)。

PARTITION統計をコピーした場合に、ソース テーブルとターゲット テーブルの間で内部パーティション番号の対応関係が食い違っていると、ターゲット テーブルにコピーした統計が、ターゲット テーブルのデータに正確に対応しなくなる可能性があります。両方のテーブルにおいて、SHOW TABLEリクエストから返される テーブル定義が相似でデータが同じ場合でも、そのような可能性があります。

CREATE TABLE…AS…WITH DATA AND STATISTICSリクエストを使用してターゲット テーブルを作成する場合、ターゲット テーブルの内部パーティション番号ソース テーブルと異なっているならソース テーブルからコピーするPARTITION統計は無効です。

CREATE TABLE…AS…WITH DATA AND STATISTICSリクエストを使用して作成されたターゲット テーブルが統計のコピー元のソース テーブルと内部パーティション番号のレベルまで同一になるように保証する方法は存在しないことを理解するのはとても重要なことです。また、それらのテーブルに対するSHOW TABLEリクエストの出力を使用して定義を比較した結果、2つのテーブルが同じように見えたとしても、このことが当てはまることを理解しておくことも重要です。

通則として、ソース テーブルからPARTITION統計をコピーするときは、常にターゲット テーブルで再収集する必要があります。

AND STATISTICSオプションでWITH NO DATAを指定すると、Vantageはターゲット テーブルの正確な統計ヒストグラムを設定しますが、使用可能な統計情報は入力されません。この状態はゼロ統計と呼ばれています。テーブルにデータが取り込まれたら統計を収集することが重要です。