17.05 - 例: VERBOSE EXPLAINとDETAILED STATSUSAGEのコレクションを使用してXML計画をロギングする - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
Release Date
2021年1月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-175K-JPN
Language
日本語 (日本)

この例では、複数の問合わせロギングのリクエストを使用して、リクエスト情報をロギングして取得します。

次のテーブルをuser_1に作成します。

     CREATE TABLE employee (
       emp_code  INTEGER, 
       emp_name  VARCHAR(30), 
       dept_code INTEGER, 
       salary    FLOAT);

employeeテーブルに30,000行が移入されていて、次のリクエストを使用してdept_code列に対する統計が収集されているとします。

     COLLECT STATISTICS COLUMN (dept_code) ON employee;

XML形式で問合わせをロギングします。

     BEGIN QUERY LOGGING WITH VERBOSE XMLPLAN ON user_1;

このリクエストの計画データに、オブジェクト、SQL、ステップ詳細、およびVerbose EXPLAINテキストをロギングします。

     SELECT * 
     FROM employee 
     WHERE dept_name = 'sys_mgt'; 

このリクエストは、VerboseとXMLPLANルールをTRUEとして返します。

     SHOW QUERY LOGGING ON user_1;

既存のBEGIN QUERY LOGGINGルールを置換して、user_1に対する詳細な使用統計データを収集します。

     REPLACE QUERY LOGGING WITH DETAILED STATSUSAGE ON user_1;

このリクエストに対する計画データに、オブジェクト、SQL、ステップ詳細、および使用統計情報をロギングします。

     SELECT * 
     FROM employee 
     WHERE dept_name = 'testing';  

このリクエストは、詳細統計ルールと使用統計ルールをTRUEとして返します。

     SHOW QUERY LOGGING ON user_1;

user_1のログオンを終了します。

     END QUERY LOGGING ON user_1;