17.05 - HELP INDEX構文要素 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
Release Date
2021年1月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-175K-JPN
Language
日本語 (日本)
TEMPORARY
実体化されたグローバル一時テーブルに、要求されたインデックスが定義されます。このキーワードは、グローバル一時テーブルのみで有効です。
database_name_1
user_name_1
table_nameが含まれているデータベースまたはユーザーを指定します(現在のデータベースまたはユーザー以外の場合)。
table_name
すべてのプライマリ インデックスとセカンダリ インデックスのレポートが希望されるテーブル。
database_name_2
user_name_2
join_index_namehash_index_name、またはview_nameを含むデータベースまたはユーザーを指定します(現在のデータベースまたはユーザー以外の場合)。
join_index_name
レポート対象のすべてのプライマリ インデックスとセカンダリ インデックスに対する結合インデックス。
hash_index_name
すべてのプライマリ インデックスのレポートが希望されるハッシュ インデックス。
view_name

インデックス情報が必要な単一テーブル ビューの名前。

単一テーブル ビューのHELP INDEXレポートのみを要求できます。

column_name
インデックスまたはインデックス リストが要求されている列リスト内の列。この構文は、関心のない列に定義されたプライマリ インデックス、セカンダリ インデックス、結合インデックス、およびハッシュ インデックスを除外するために使用します。