17.05 - CREATE FUNCTION MAPPINGとREPLACE FUNCTION MAPPING - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
Release Date
2021年1月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-175K-JPN
Language
日本語 (日本)

CREATE FUNCTION MAPPINGは、指定した名前を持つ新しい関数マッピングを作成します。

REPLACE FUNCTION MAPPINGは、既存の関数マッピングの定義を置き換えるか、指定された関数マッピングが存在しない場合は、その名前を持つ新しい関数マッピングを作成します。

関数マッピングを使用して、データベース、ユーザー、または外部サーバーで関数またはテーブル演算子を実行するための単純な名前を指定します。関数マッピングは、関数の実行中に使用する入力テーブル、出力テーブル、その他のパラメータを定義します。例: 関数マッピングの定義例: 関数マッピング定義の置換、および例: データベース内の関数の関数マッピング定義を参照してください。

関数またはテーブル演算子を実行するには、テーブル演算子構文を使用して、SELECT文のFROM句で関数マッピングを指定します。関数処理の詳細については、<Teradata Vantage™ - SQLデータ操作言語、B035-1146>のテーブル演算子に関する情報を参照してください。

必要な権限

外部サーバーのテーブル演算子については、サーバー上でのEXECUTE FUNCTION権限が必要です。データベースまたはユーザーに格納されているテーブル演算子の場合は、そのテーブル演算子でのEXECUTE FUNCTION権限が必要です。

CREATE FUNCTION MAPPINGの場合、関数マッピングを作成するデータベースまたはユーザーに対するCREATE FUNCTION権限が必要です。

関数マッピングを作成するREPLACE FUNCTION MAPPINGには、データベースまたはユーザーに対するCREATE FUNCTION権限が必要です。

関数マッピングを置換するREPLACE FUNCTION MAPPINGには、関数マッピングまたは格納先のデータベースまたはユーザーに対するDROP FUNCTION権限が必要です。

スカラー サブクエリー(SSQ)を含む関数マッピングの場合は、サブクエリーが参照するテーブルでSELECT権限が必要です。

自動的に与えられる権限

関数マッピング オブジェクトを作成または置換するときには、関数マッピング オブジェクトに対するEXECUTEおよびDROP FUNCTION権限が付与されます。