17.05 - ADD METHOD - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
Release Date
2021年1月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-175K-JPN
Language
日本語 (日本)

method_nameというメソッドのインスタンス メソッド シグネチャをUDT_nameというUDTの定義に追加します。

ARRAY型またはVARRAY型では、このオプションを指定できません。

INSTANCE
INSTANCEの指定はオプションです。
INSTANCE METHODがデフォルトです。
CONSTRUCTOR
method_nameというメソッドのコンストラクタ メソッド シグネチャをUDT_nameというUDTの定義に追加します。
SYSUDTLIB.
SYSUDTLIBの指定はオプションです。
method name
あらかじめCREATE METHOD文を使用してmethod_nameの本体を作成しておかないと、これを呼び出せるようにはなりません。 CREATE METHODを参照してください。 <Teradata Vantage™ - SQLの基本、B035-1141>を参照してください。
data_type
追加するメソッドのデータ型リスト。
SYSUDTLIB. UDT_name
SYSUDTLIBの指定はオプションです。
文字サーバー データ セットとしてKANJI1を指定することはできません。
RETURNS data_type
method_nameで返されるデータ型のリスト。
ARRAY型またはVARRAY型では、このオプションを指定できません。
RETURNS SYSUDTLIB.UDT_name
SYSUDTLIBの指定はオプションです。
CAST FROM
RETURNS句で指定した型に変換するメソッドから返された結果型。
例:
  ...RETURNS DECIMAL(9,5) CAST FROM FLOAT...
data type
データ型変換を必要とするLOBをメソッドに渡すときには、変換を行なうためにまずLOBを実体化する必要があります。
SYSUDTLIB
オプションでデータベースを含める名前。常にSYSUDTLIBです。
UDT_name
UDTの名前。
LANGUAGE
method_nameの外部ルーチンが記述される言語のコード。
  • CはC言語を指定します。
  • CPPはC++言語を指定します。
ARRAY型またはVARRAY型では、このオプションを指定できません。
PARAMETER STYLE
method_nameの形式を渡すパラメータ。
  • SQLでは、コード本体でヌル データを指定できます。
これは、デフォルトのパラメータ形式です。
  • TD_GENERALでは、コード本体でヌル データを指定できません。
ARRAY型またはVARRAY型では、このオプションを指定できません。
DETERMINISTIC
method_nameが同じ入力に対して同じ結果を返します。
ARRAY型またはVARRAY型では、このオプションを指定できません。
NOT DETERMINISTIC
method_nameが同じ入力に対して同じ結果を必ず返すわけではありません。
ARRAY型またはVARRAY型では、このオプションを指定できません。
NO SQL
SQL言語による呼び出しが、ユーザーの記述したmethod_nameの外部ルーチン内で許可されるかどうかを指定します。
有効な指定は、NO SQLだけです。
ARRAY型またはVARRAY型では、このオプションを指定できません。