CREATE CASTおよびREPLACE CASTの例 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
Published
2021年1月
Language
日本語
Last Update
2021-03-30
dita:mapPath
ja-JP/ncd1596241368722.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/ncd1596241368722.ditaval
dita:id
B035-1144
Product Category
Software
Teradata Vantage

例: VARCHARとしてのソース データのキャスト

次のCREATE CASTリクエストは、circleToVarcharという特定メソッド名を持つメソッドを使用して、ソースのデータ型circleからターゲットのデータ型VARCHAR(32)への変換を行なうキャスト操作を作成します。

     CREATE CAST (circle AS VARCHAR(32))
     WITH SPECIFIC METHOD SYSUDTLIB.circleToVarchar

例: UDFを使用したソース データのキャスト

次のCREATE CASTリクエストは、VarcharTocircleという特定関数名を持つUDTを使用して、ソースのデータ型VARCHAR(32)からターゲットのデータ型circleへの変換を行なうキャスト操作を作成します。

     CREATE CAST (VARCHAR(32) AS circle)
     WITH SPECIFIC FUNCTION SYSUDTLIB.VarcharTocircle

例: 割り当て操作を使用したVARCHARとしてのソース データのキャスト

次のCREATE CASTリクエストは、euroString.というメソッドを使用して、ソースのデータ型euroからターゲットのデータ型VARCHAR(20)への変換を行なうキャスト操作を作成します。

キャスト ルーチンは、割り当ての必須条件が満たされた場合に割り当て操作時に暗黙的に呼び出されるように定義されます。

     CREATE CAST (euro AS VARCHAR(20))
     WITH METHOD SYSUDTLIB.euroString( ) FOR euro
     AS ASSIGNMENT