17.05 - FOR SESSION - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
Release Date
2021年1月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-175K-JPN
Language
日本語 (日本)

name:valueのペアのセットは、現行セッションに適用されます。

既存のトランザクションのクエリー バンドと同時にセッションのクエリー バンドを設定できます。

セッション用のクエリー バンドはDBC.SessionTblに格納され、システムのリセット後に回復されます。システムでは、信頼済みセッションのDBC.SessionTblに追加の列のデータを入力し、システムのリセット後に、これらのセッション プロキシ列の情報を使用して信頼済みセッションを回復します。

セッション用のクエリー バンドは、現行セッションが終了するか、または次のリクエストを発行するまで有効のままです。
  • クエリー バンドをリセットするためのSET QUERY_BAND = … FOR SESSIONリクエスト。
  • SET QUERY_BAND = NONE FOR SESSIONリクエスト。
SET QUERY_BAND = … FOR SESSIONは、次のもので使用できます。
  • マクロ定義内で、マクロ内の単一のリクエストとして。
  • Teradata Parallel Transporterを使用して。
SET QUERY_BAND = … FOR SESSIONは、次のもので使用できません。
  • 複文リクエスト。
  • SQLプロシージャの定義。

ロードまたはアンロード ユーティリティに付随するすべての予約済みのクエリー バンドをFOR SESSIONに設定して、再始動後のその操作を可能にする必要があります。予約済みのクエリー バンドの詳細は、Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 - 詳細トピック、B035-1184のSET QUERY_BANDとTeradata Vantage™ - Teradata® Virtual Storage、B035-1179を参照してください。

VOLATILE
システムでは、DBC.SessionTblのqueryband列を更新せず、FOR SESSIONリクエストはFOR TRANSACTIONリクエストと等価です。
複数のSET QUERY_BANDリクエストを混在させる場合は、注意が必要です。例えば、アプリケーションで、DBC.SessionTblに保存される、FOR SESSION用のいくつかのname:valueのペアを設定できます。次に、SET QUERY_BANDのVOLATILEオプションを使用して、クエリー バンドのname:valueのペアを追加すると、DBC.SessionTbl内のクエリー バンドが現行セッションのクエリー バンドと一致しなくなります。この場合、システムでは再始動時にDBC.SessionTbl内に保存されたクエリー バンドを復元します。