17.05 - 例: HELP PROCEDURE属性レポート - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
Release Date
2021年1月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-175K-JPN
Language
日本語 (日本)

タイムゾーン文字列AMERICA PACIFICを使用して、sp1newという名前のプロシージャを作成済みです。sp1newのHELP PROCEDURE出力は次のようになります。

     HELP PROCEDURE pa.sp1new ATTRIBUTES;
     Transaction Semantics TERADATA
                 Print Mode N
                   Platform LINUX
              Character Set ASCII
Default Character Data Type LATIN
                  Collation ASCII
                   SPL Text Y
             Version Number 09
           Default Database PA
             Warning Option Y
          Creation Timezone -07:00
   Creation Timezone String AMERICA PACIFIC
      Unicode Pass Through  S

その後、プロシージャsp1newを変更して、タイムゾーンGMT ‘01:00’で再コンパイルしたとします。

     ALTER PROCEDURE pa.sp1new COMPILE AT TIME ZONE ‘01:00’;

sp1newのHELP PROCEDURE出力は次のようになります。タイムゾーン文字列ではなくGMT用語を使用してタイムゾーンが指定されたため、Vantageはタイムゾーン文字列を報告しません。

     HELP PROCEDURE pa.sp1new ATTRIBUTES;
      Transaction Semantics TERADATA
                 Print Mode N
                   Platform LINUX
              Character Set ASCII
Default Character Data Type LATIN
                  Collation ASCII
                        SPL Y
             Version Number 09
           Default Database PA
             Warning Option Y
          Creation Timezone 01:00
   Creation Timezone String 
      Unicode Pass Through  S