17.05 - 例: SHOW HASH INDEX - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
Release Date
2021年1月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-175K-JPN
Language
日本語 (日本)

この例では次のCREATE HASH INDEX文を使用してord_cust_hidxを作成します。

     CREATE HASH INDEX ord_cust_hidx
     (o_date) ON orders
     BY (o_date)
     
     ORDER BY VALUES;
SHOW HASH INDEXレポートは、CREATE HASH INDEX DDLのテキストと次の点で異なっています。
  • すべての名前が修飾されている
  • フォールバック保護とチェックサム オプションの表示
  • マップの割り当て

CREATE HASH INDEX DDLでBYまたはORDER句を指定しないと、これらの句のデフォルト値は報告されません。

SHOW HASH INDEX ord_cust_hidx;
 *** Text of DDL statement returned. 
 *** Total elapsed time was 1 second.
     ------------------------------------------------------------
CREATE HASH INDEX YourDB.ord_cust_hidx ,NO FALLBACK ,CHECKSUM = DEFAULT, 
MAP = TD_MAP1
(o_date )
 ON YourDB.orders 
 BY (o_date )
 ORDER BY VALUES
;