17.05 - SET QUERY_BAND - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
Release Date
2021年1月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-175K-JPN
Language
日本語 (日本)

現在のセッションやトランザクションのクエリー バンドを設定するか、削除します。

エンド ユーザーがVantageにアクセスする際に使用する中間層アプリケーションに対して、SET QUERY_BAND文を使用してメタデータをエンド ユーザー SQL問合わせに添付するようにプログラミングすることができます。

また、クエリー バンド名は、Teradata Active System Managementで使用することはもちろん、Viewpointを使用した操作を追跡管理したり、実行のリクエストにフィルタをかけたりするために使用することもできます。

Vantageでは、クエリー バンドがDBQLに記録されるため、後で問合わせを分析することができます。

ANSI準拠

この文は、ANSI SQL:2011規格に対するTeradata拡張機能です。

必要な権限

ユーザー 信頼済みユーザーの名前に付与する必要のある権限
プロキシ ユーザーを設定するためにSET QUERY_BANDリクエストを実行する必要はない なし
プロキシ ユーザーを設定するためにSET QUERY_BANDリクエストを実行する必要がある プロキシ ユーザーに対するGRANT CONNECT THROUGH。<Teradata Vantage™ - SQLデータ制御言語、B035-1149>を参照してください。
SET QUERY_BAND TVSTEMPERATURE = VERYHOTが必要 DBC.VHCTRLに対するEXECUTE。