17.05 - parameter_specification - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
Release Date
2021年1月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-175K-JPN
Language
日本語 (日本)

関数に渡される変数のオプションのパラメータ名とロケータ。UDT列の圧縮/圧縮解除に使用する関数では、入力パラメータを1つだけ使用できます。そのパラメータのデータ型は、サポートされているUDTデータ型であれば、どれでもかまいません。

データベース オブジェクトの命名ルールについては、<Teradata Vantage™ - SQLの基本、B035-1141>を参照してください。

関数に渡すパラメータがない場合でも、右括弧と左括弧を指定する必要があります。

UDFが受け入れる最大パラメータ数は128です。

UDT列の圧縮に使用するアルゴリズム圧縮関数のパラメータのデータ型は、対応する圧縮解除関数のRETURNSデータ型と完全に一致している必要があります。アルゴリズム圧縮関数のデータ型も圧縮対象のUDT列のデータ型と一致している必要があります。

パラメータ型がUDTのUDFは、SYSLIBではなくSYSUDTLIBに存在している必要があります。

parameter name
パラメータ名はUDF定義内で固有でなければなりません。 パラメータ名を1つ指定する場合は、関数に渡すすべてのパラメータの名前を指定する必要があります。 UDFパラメータの名前にキーワードSELFを使用することはできません。 パラメータ名を指定しない場合、VantageはP1、P2、…、Pnの形式でパラメータに固有名を割り当てます。 これらの名前はCOMMENT文で使用され、HELP FUNCTION文で生成されるレポートに表示され、エラー メッセージのテキストに表示されます。 COMMENT(コメント配置形式)HELP FUNCTIONを参照してください。
data_type
UDTを含む括弧に入れたカンマ区切りのデータ型のリスト。データ型は、同じ名前でオーバーロードされた関数を区別するために必要になります。
各パラメータに関連付けられたデータ型は、パラメータまたは戻り値の型です。Vantageのすべてのデータ型が有効です。BYTE、CHARACTER、DECIMAL、VARCHARなど、長さやサイズを指定するデータ型では、パラメータのサイズが、渡すことのできる最大バイト数になります。文字データでは、CHARACTER SET句も指定できます。
文字サーバー データ セットKANJI1を指定することはできません。指定した場合、リクエスト元にエラーが返されます。
BLOB型とCLOB型は、ロケータで表わす必要があります。ロケータの説明は、<Teradata Vantage™ - SQLデータ操作言語、B035-1146>を参照してください。Vantageではメモリ内LOBパラメータはサポートされません。LOBパラメータと戻り値ごとに、AS LOCATOR句を指定する必要があります。
データ型変換を必要とするLOBをUDFに渡すときには、変換を行なうためにLOBを実体化する必要があります。