例: USINGリクエスト修飾子の変数 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ操作言語

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Published
2021年7月
Language
日本語
Last Update
2021-09-23
dita:mapPath
ja-JP/vjt1596846980081.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/wrg1590696035526.ditaval
dita:id
B035-1146
Product Category
Software
Teradata Vantage

この例では、USINGリクエスト修飾子は変数:emp_nameおよび:emp_numberを、それぞれ文字定数および数値定数として定義します。USING変数は、関連するINSERTリクエストが実行されるとき、クライアント システムのデータ レコードの値で置き換えられます。

     .SET RECORDMODE ON
     .IMPORT DATA FILE = r13sales.dat;

     USING (emp_name   CHARACTER(40),
            emp_number INTEGER)
     INSERT INTO employee (name, empno)
     VALUES (:emp_name, :emp_number);

INSERTリクエスト(IBMメインフレームのレコード モード)では、40バイトのEBCDIC文字列の後に32ビットの整数が続いたものから成る44バイトのデータ レコードが追加されて、データベースに送信されます。