17.10 - GROUPING SETSオプション構文 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ操作言語

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1146-171K-JPN
Language
日本語 (日本)
GROUPING SETS group_by_spec

構文要素

group_by_spec
{ ordinary_grouping_set |
  empty_grouping_set |
  rollup_list |
  cube_list |
  grouping_sets_specification
}
ordinary_grouping_set
複数の次元にまたがるキューブ状のレポート行をグループ分けするのに使う1つまたは複数の式。
すべてのordinary grouping setsは列を明示的に参照しなければなりません。GROUPING SETSで列の位置を指定することはできません。
ordinary grouping setに190個より多い列を指定することはできません。
BLOBまたはCLOBデータ型の列を参照する場合、最初に別のデータ型にCASTするか、または結果がLOBではない関数に渡さなければ参照できません。たとえば、BLOBをBYTE型またはVARBYTE型にキャストしたり、CLOBをCHARACTER型またはVARCHAR型にキャストします。
式は、BLOB、CLOB、ARRAYまたはVARRAYのタイプがある結果行をグループ化できません。
empty_grouping_set
引数を指定しない左括弧と右括弧の対の連続。この構文は総計を提供するのに使われます。
ここで総計という用語は、非集約データの総計ではなく個々のグループ合計の総計を言います。
rollup_list
ROLLUPで指定された標準のgrouping expression set。複数の式を指定する場合、式リストは括弧で囲まなければなりません。
式は、BLOB、CLOB、ARRAYまたはVARRAYのタイプがある結果行をグループ化できません。
詳細については、<ROLLUPオプション>を参照してください。
cube_list
CUBEで指定された標準のgrouping expression set。複数の式を指定する場合、式リストは括弧で囲まなければなりません。
式は、BLOB、CLOB、ARRAYまたはVARRAYのタイプがある結果行をグループ化できません。
詳細については、<CUBEオプション>を参照してください。
grouping_sets_specification
次のいずれか。
  • 括弧内のordinary_grouping_set
  • rollup_list
  • cube_list
  • empty_grouping_set
  • grouping_sets_specification
システム構成以外のグループ化セット指定の入れ子レベルの数には制限がありません。
LOBデータ型の列は参照できません。