17.10 - 例: 関数マッピングで使用する許可オブジェクトの作成 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ操作言語

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1146-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

以下の関数マッピングの例で使用される許可オブジェクトを作成します。

CREATE AUTHORIZATION authorization-name
AS DEFINER TRUSTED
USER 'YOUR-ACCESS-KEY-ID'
PASSWORD 'YOUR-SECRET-ACCESS-KEY';

authorization-nameを許可オブジェクトの名前に置き換えます。変数YOUR-ACCESS-KEY-IDYOUR-SECRET-ACCESS-KEYは、オブジェクト ストア アクセスIDとアクセス キーに置き換えます。

たとえば、Teradataが提供する河川流量データセットにアクセスするには、次のようにします。

CREATE AUTHORIZATION nos_usr.DefAuth
AS DEFINER TRUSTED
USER ''
PASSWORD '';