17.10 - 高速パス削除および結合インデックス - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ操作言語

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1146-171K-JPN
Language
日本語 (日本)
Vantageは、ターゲット テーブルに以下のいずれかの単純結合インデックスまたは集約結合インデックスがある場合に、高速パス削除処理を使用します。
  • 単一リクエスト結合インデックス。
  • 内部結合とともに定義された複数テーブルの結合インデックス。
  • 削除されるテーブルが外部結合の外部テーブルである複数テーブルの結合インデックス。
これには以下の文が含まれます。
  • 単純結合インデックスまたは集約結合インデックスがあるテーブルに対するDELETE ALLまたは無条件のDELETE文。Vantageは、基本テーブルおよびその結合インデックスに対して高速パス削除処理を使用します。
  • 単純結合インデックスまたは集約結合インデックスがあるテーブルに対する条件付きのDELETE文。Vantageは、DELETE条件がインデックス全体をカバーする場合に、結合インデックスに対してのみ高速パス削除処理を使用します。