17.10 - WITH INDEX TYPEまたはWITH NO INDEX TYPE - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ操作言語

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1146-171K-JPN
Language
日本語 (日本)
以下のインデックスのタイプごとに、分析の考慮に含めたり除外したりすることができます。
  • 固有セカンダリ(USI)
  • 非固有セカンダリ(NUSI)
  • ハッシュ順セカンダリ
  • 値順セカンダリ
  • 単一テーブル単純結合
  • 単一テーブル集約結合

INITIATE INDEX ANALYSISリクエストにこの句を指定しないことによって示されるデフォルトは、有効なインデックスタイプをall分析の考慮に含めることです。インデックス分析の有効なインデックスタイプのリストには、複数テーブル結合インデックスやハッシュ インデックスはありません

例えば、Teradata MultiLoadのようなユーティリティを呼び出すワークロードにとって望ましくないと判断される場合、インデックスを結合することができます。定義された結合インデックスを持つテーブルに対して実行されることはありません。結合インデックスが定義されるテーブルの制限またはインタラクションについて詳しくは、Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語-構文規則および例、B035-1144Teradata Vantage™ - データベースの設計、B035-1094のCREATE JOIN INDEXを参照してください。

この場合、空のステージング テーブルに行をバッチ処理でロードするためTeradata MultiLoadをTeradata FastLoadで置き換えることができ、エラー ロギングのあるINSERT ... SELECTリクエストまたはエラー ロギングのあるMERGEリクエストを使用して、シナリオが許す場合は、ターゲット テーブルに行を移動できます。詳細については、INSERT/INSERT ... SELECTMERGEおよび<Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語-構文規則および例、B035-1144>のCREATE ERROR TABLEを参照してください。