17.10 - 例: ストアド プロシージャおよび埋め込みSQLの入力引数と出力引数 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ操作言語

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1146-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

ストアド プロシージャspSample2について考えてみましょう。引数は、以下のいずれかの書式で指定できます。

書式1:

  • ストアド プロシージャ:
         SET AppVar2 = 30 + AppVar3;
         SET AppVar3 = 40;
         CALL spSample1(:AppVar1, :AppVar2, :AppVar3);
  • 埋め込みSQLを使ったCプログラム:
         AppVar2 = 30 + AppVar3;
         AppVar3 = 40;
         EXEC SQL CALL spSample1(:AppVar1, :AppVar2, :AppVar3);

AppVar2AppVar3に指定した値は、それぞれp2p3の引数として渡されます。ストアド プロシージャの実行が終了すると、出力パラメータ値がAppVar1AppVar2で返されます。ACTIVITY_COUNTは1に設定されます。

書式2:

  • ストアド プロシージャ:
         SET AppVar2 = 30 + AppVar3;
         SET AppVar3 = 40;
         CALL spSample1(:AppVar1, :AppVar2, :AppVar3 + 3);
  • 埋め込みSQLを使ったCプログラム:
         AppVar2 = 30 + AppVar3;
         AppVar3 = 40;
         EXEC SQL CALL spSample1(:AppVar1, :AppVar2, :AppVar3 + 3);

p2p3の値は、それぞれAppVar2と(3 + AppVar3)です。ストアド プロシージャの実行が終了すると、出力パラメータ値がAppVar1AppVar2で返されます。ACTIVITY_COUNTは1に設定されます。