17.10 - 結合の効率とインデックス - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ操作言語

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1146-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

結合操作の効率は、WHERE句がプライマリ インデックス、セカンダリ インデックス、または複数テーブル結合インデックスが定義されている列の値を使用しているかどうかにより異なります。

dept_noemployeeの両方のテーブルのdepartment列にインデックスが定義されている場合、上の例のようにインデックス付きの各列の値の間に等価条件を指定すれば、両方のインデックス付きの列の値を使用して2つのテーブル内の行を照合することができます。

プライマリ インデックスがこれらの列の一方または両方に定義されている場合には、効率が高くなります。例えば、dept_nodepartmentテーブルの固有プライマリ インデックスとして定義する場合です。これは、連結されているテーブルのいずれかが通常のNoPIテーブルである場合、またはNoPI列パーティション テーブルである場合はできません。この潜在的な問題の対処方法に関する詳細は、NoPIテーブル、列パーティション テーブル、およびWHERE句検索条件を参照してください。

行パーティション テーブルに対して行なった戦術的AMP問合わせについては、すべてWHERE句のパーティション列に制約を指定する必要があります。

同じように区分化された行パーティション テーブルを問合わせで結合した場合、それらに共通の区分化列セットを制約として使用するとき、結合されたテーブルのパーティション列の間に等価制約も含めると、結合パフォーマンスがさらに向上します。