前提条件 - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporter ユーザー ガイド

Product
Parallel Transporter
Release Number
16.20
Published
2019年9月
Language
日本語
Last Update
2020-01-29
dita:mapPath
ja-JP/uah1527114222342.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/uah1527114222342.ditaval
dita:id
B035-2445
Product Category
Teradata Tools and Utilities
  • ターゲット テーブル/ソース テーブルがTeradata Database内に存在する必要があります。EasyLoaderはテーブルの作成をサポートしません。
  • フラット ファイルからTeradata Databaseにデータをロードする場合は、ファイル データ レコードがターゲット テーブルのスキーマと一致する必要があります。
  • テーブルから別のテーブルにデータをロードする場合は、ソース テーブルのスキーマとターゲット テーブルのスキーマとの互換性が必要です。
    現時点では、次のソース/ターゲットの組み合わせがサポートされています。
    • フラット ファイル → Teradataテーブル
    • Teradataテーブル → Teradataテーブル
    • Teradataテーブル → フラット ファイル

      --InsertStmtオプションには、ローダーのオペレータで使用するユーザー定義のInsert文の提供に使用でき、プロデューサからのデータを、送信元スキーマでの定義方法とは異なる順序で選択的に送信できます。