エラー テーブルへのアクセス - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporter ユーザー ガイド

Product
Parallel Transporter
Release Number
16.20
Published
2019年9月
Language
日本語
Last Update
2020-01-29
dita:mapPath
ja-JP/uah1527114222342.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/uah1527114222342.ditaval
dita:id
B035-2445
Product Category
Teradata Tools and Utilities

エラー テーブルはTeradata Databaseに格納されます。 以下のSQLリクエストは、エラー テーブルの読み取りの例に示されているエラー テーブルにアクセスします。

ErrorTable1

SELECT errorcode, errorfield, sourceseq, dmlseq from t2_e1;

オペレータ定義でErrorTable1属性に名前が指定されていない場合は、エラー テーブルにデフォルトで<TargetTableName>_ETという名前が付けられます。

StreamオペレータのAppendErrorTable属性がはいに設定されている場合は、以前の1つ以上のジョブでエラーが記録されたテーブルに、現在のジョブのStreamエラーが記録されることがあります。

ErrorTable2

SELECT dbcerrorcode, sourceseq, dmlseq FROM t3_e2;

オペレータ定義でErrorTable2属性に名前が指定されていない場合は、エラー テーブルにデフォルトで<TargetTableName>_UVという名前が付けられます。

エラー テーブルにアクセスする際に、ORDER BY ErrorCode式を追加すると便利です。