アクセス モジュール - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporter ユーザー ガイド

Product
Parallel Transporter
Release Number
16.20
Published
2019年9月
Language
日本語
Last Update
2020-01-29
dita:mapPath
ja-JP/uah1527114222342.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/uah1527114222342.ditaval
dita:id
B035-2445
Product Category
Teradata Tools and Utilities

アクセス モジュールは、CD-R、CD-RW、テープ(DataConnectorまたはFastLoad OUTMOD Adapterオペレータ経由)、サブシステム(Teradata DatabaseサーバーやIBMのWebSphere MQ)など、様々なデータ ストアへのアクセスの詳細をカプセル化するソフトウェア モジュールです。

アクセス モジュールは、ユーザーに意識させない、様々なデータ ソースへの統一されたアクセスをTeradata PTに提供します。 アクセス モジュールにより、Teradata PTは以下のものから切り離されます。

  • ディスク/テープなどのデバイスへの依存(メインフレーム上のみ) (現在はTeradataスタンドアロン ユーティリティに組み込み済み)
  • ローカル/リモートなど、データ ソースとターゲットの場所
  • 順次ファイルかインデックス ファイルリレーショナル テーブルかなど、データ ストアの仕様

アクセス モジュールをDataConnectorオペレータとともに使用することによって、様々なタイプの外部データ記憶装置からデータを読み取ることができます。

次のアクセス モジュールがサポートされています。 これらのアクセス モジュールは、データの書込みはせず、読取り(インポート)だけをサポートします。

  • Teradata Access Module for Named Pipes for Teradata PTを使用すると、Teradata PTを使用してUNIXシステムの名前付きパイプからTeradata Databaseにデータをロードできます。 パイプは、特定のオペレーティング システムでアプリケーションでのデータ保存に使用できる、一種のデータ バッファです。
  • Teradata Access Module for WebSphere MQ for Teradata PTを使用すると、Teradata PTを使って、IBMのWebSphere MQ(以前のMQ Series)メッセージ キューイング ミドルウェアを使用するメッセージ キューからデータをロードできます。
  • Teradata Access Module for JMSを使用すると、Teradata PTを使って、JMSメッセージ キューイング ミドルウェアを使用するJMS対応メッセージング システムからデータをロードできます。
  • Teradata Access Module for Kafkaは、Teradata Parallel TransporterのロードとエクスポートのオペレータとKafka Server間のインターフェースとして機能する共有ライブラリです。このアクセス モジュールは、Kafka Serverからのデータのインポートと、Kafka Serverへのデータのエクスポートのために使用できます。
  • Teradata Access Module for Amazon S3は、Teradata Parallel Transporterロード/ロード解除オペレータとAmazon S3(Simple Storage Service)間のインターフェースとして機能する共有ライブラリです。Teradata Access Module for Amazon S3を使用して、Amazon S3からデータをエクスポートしたり、Amazon S3にデータをインポートしたりすることができます。
  • Teradata Access Module for Microsoft Azureは、Teradata Parallel Transporterロード/ロード解除オペレータとMicrosoft Azure間のインターフェースとして機能する共有ライブラリです。Teradata Access Module for Microsoft Azureを使用して、Microsoft Azureからデータをエクスポートしたり、Microsoft Azureにデータをインポートしたりすることができます。
  • カスタム アクセス モジュール。 特定のシステムへのアクセス用にカスタム アクセス モジュールを作成して、DataConnectorオペレータとともに使用することもできます。

カスタム アクセス モジュールの作成および使用についての詳細は、<Teradata Tools and Utilities Access Moduleプログラマ ガイド、B035-2424>を参照してください。