配列型テンプレートの属性 - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporter ユーザー ガイド

Product
Parallel Transporter
Release Number
16.20
Published
2019年9月
Language
日本語
Last Update
2020-01-29
dita:mapPath
ja-JP/uah1527114222342.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/uah1527114222342.ditaval
dita:id
B035-2445
Product Category
Teradata Tools and Utilities

オペレータ属性の数が少ない場合、属性はARRAY (複数値の)型と非配列(単一値の)型のいずれかで宣言できます。 例えば、UpdateオペレータにはQueryBandSessInfoという属性があり、以下のいずれかの方法で宣言できます。

VARCHAR ARRAY QueryBandSessInfo,

または

VARCHAR QueryBandSessInfo

$UPDATEテンプレートで使用できるこの宣言の形式は 1 つだけなので、ARRAY形式がこのテンプレートにおける宣言形式になります。

VARCHAR ARRAY QueryBandSessInfo = @UpdateQueryBandSessInfo

また、ジョブ変数QueryBandSessInfoに値の配列を割り当てると、値の型と値の数の間に呼応が生じます。 仮にUpdateQueryBandSessInfoに角括弧なしで値を1つだけ割り当てると、Teradata PTは属性と単一値の間の型の不一致を回避するため、その値に角括弧を追加して、要素1つの配列を生成します。

ARRAY宣言とスカラー宣言のいずれの属性も、そのテンプレートにおける宣言はARRAY形式になります。