適用可能なオペレータの比較 - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporter ユーザー ガイド

Product
Parallel Transporter
Release Number
16.20
Published
2019年9月
Language
日本語
Last Update
2020-01-29
dita:mapPath
ja-JP/uah1527114222342.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/uah1527114222342.ditaval
dita:id
B035-2445
Product Category
Teradata Tools and Utilities
Teradata Database環境内でのデータ移動の要件が明確になったら、ジョブを実行するためにスクリプトで使用するコンポーネントを選択する必要があります。 検討が必要なコンポーネントは2種類あります。
  • Teradata Databaseからデータを読み取り、データ ストリームに格納するProducerオペレータ。

  • データ ストリームからデータを受け取り、同じか別のTeradata Databaseに書き込む Consumerオペレータ。

    または

  • プロデューサおよびコンシューマの両方として動作するStandaloneオペレータ。
適用可能なすべてのオペレータについては、これまでの節で説明済みです。オペレータの詳細については、以下の参照先を参照してください。