例: READ_NOSを使用してGoogle Cloud Storageのファイルをクエリーする - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL演算子およびユーザー定義関数

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Published
2021年7月
Language
日本語
Last Update
2021-09-23
dita:mapPath
ja-JP/fsi1592016213432.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/wrg1590696035526.ditaval
dita:id
B035-1210
Product Category
Software
Teradata Vantage

このSELECT文は、READ_NOSを使用してGoogle Cloud Storage内のファイルをクエリーします。許可オブジェクトを使用する代わりに、許可の信頼証明がAUTHORIZATIONキーワードに含まれています。

SELECT payload FROM (
LOCATION='/gs/storage.googleapis.com/td-usgs/JSONDATA/'
AUTHORIZATION='{"ACCESS_ID":"","ACCESS_KEY":""}'
) AS dt;

ユーザーの信頼証明に応じて、Advanced SQL EngineはS3互換コネクタまたはネイティブのGoogleコネクタのいずれかを使用します。

結果は次のようになります。

{ "site_no":"09380000", "datetime":"2018-06-27 00:00", "Flow":"16200", "GageHeight":"9.97", "Temp":"11.0", "Conductance":"669", "Precipitation":"0.00"}
{ "site_no":"09380000", "datetime":"2018-06-28 00:00", "Flow":"15900", "GageHeight":"9.91", "Temp":"11.0", "Conductance":"671", "Precipitation":"0.00"}
[...]