例: NOSREAD_KEYS戻りタイプを含むREAD_NOSの使用 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL演算子およびユーザー定義関数

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Published
2021年7月
Language
日本語
Last Update
2021-09-23
dita:mapPath
ja-JP/fsi1592016213432.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/wrg1590696035526.ditaval
dita:id
B035-1210
Product Category
Software
Teradata Vantage

この例では、READ_NOSテーブル演算子をNOSREAD_KEYSの戻りタイプとともに使用して、指定した場所の外部ファイルを一覧表示する方法を示します。

この文では、JSONファイルのクエリーを実行します。LOCATIONオプションで指定されるファイルには、拡張子.jsonと.json.gzが含まれます。ファイル拡張子が.json、.json.gz、.csv、または.tsv以外の場合は、入力テーブルのペイロードがREAD_NOSによって返されるペイロードと必ず一致するように、ON句を指定する必要があります。

まだ実行されていない場合は、許可オブジェクトを作成します。例: 許可オブジェクトの作成を参照してください。

READ_NOSを実行します。

SELECT location FROM (
LOCATION='/s3/td-usgs-public.s3.amazonaws.com/JSONDATA'
AUTHORIZATION=MyAuthObj
RETURNTYPE='NOSREAD_KEYS'
) AS d;

結果は次のようになります。

 Location                                                       
 -------------------------------------------------------------- 
/S3/s3.amazonaws.com/td-usgs-public/JSONDATA/09380000/2018/06/27.json
/S3/s3.amazonaws.com/td-usgs-public/JSONDATA/09380000/2018/06/28.json
/S3/s3.amazonaws.com/td-usgs-public/JSONDATA/09380000/2018/06/29.json
/S3/s3.amazonaws.com/td-usgs-public/JSONDATA/09380000/2018/06/30.json
/S3/s3.amazonaws.com/td-usgs-public/JSONDATA/09380000/2018/07/01.json
[...]