17.10 - AdjustSpace - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL演算子およびユーザー定義関数

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
管理
Publication ID
B035-1210-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

テーブルをマップに移動した後、またはシステムを拡張した後、データベース領域の制限が正確でないか、実際の領域使用状況を反映していない可能性があります。ユーザーまたはデータベースのスペースとスキューの値を再調整するには、AdjustSpaceプロシージャを使用します。

ANSI準拠

この文は、ANSI SQL:2011規格に対するTeradata拡張機能です。

構文

CALL [TDMaps.] AdjustSpace (
  'DatabaseName',
  'BufferPercent',
  'ZeroSkewForSubMap',
  'OutInfo'
)

構文要素

DatabaseName
現在の使用状況に基づいて調整する最大固定領域および永続的なスキューを持つデータベースの名前。
'NULL'の場合、TDMaps.SpaceExcludeDBListTblに記載されているデータベースを除き、システム内のすべてのデータベースが調整対象として見なされます。
BufferPercent
データベースに保持する余分なバッファ領域の割合。
NULLの場合、デフォルト値はTDMaps.SpaSettingsTblからフェッチされます。
ZeroSkewForSubmap
すべてのテーブルが同じマップ内にあり、そのマップがTD_GLOBALMAPの部分集合である場合、ゼロ スキューを設定します。有効な値は、truefalsetfおよびNULLです。
OutInfo
成功または失敗の情報を返します。追加の出力がTDMaps.SpaceLogTblに記録されます。